歯の再石灰化促進法

歯には再石灰化とよばれる虫歯を防ぐ機能が備わっています。
初期の虫歯は自己管理で改善しましょう!

虫歯はそのままの状態では進行しますが、初期の虫歯であれば、歯の「再石灰化」により、改善する可能性が残されています。
食後ある程度時間がたつと、歯にプラーク=歯垢(白いねばねばした物質)が付着します。この中にいる虫歯菌が、口内に残った炭水化物を分解して酸を発生させます。その酸によって、歯の表面のエナメル質からカルシウムやリンが溶け出し、虫歯へとつながるのです。この過程を「脱灰(だっかい)」といいます。

一方、歯はもともと脱灰を修復し、虫歯を防ぐ機能を備えています。
唾液(だえき)はその中心的な役割を果たしています。
食後しばらくすると汚れが唾液によって洗い流されて口中が中性に戻り、再び歯の表面に唾液中のカルシウムやリンなどが沈着します。これが歯の「再石灰化」です。

しかし、初期の虫歯だけしか再石灰化で修復できません。
つまり、まだエナメル質に穴があいていなければ、歯の一部が白く変色したり、食事の時にちょっとしみたり痛んだりしても、再石灰化によって改善する可能性があります。
この段階を過ぎると、エナメル質の奥に虫歯が進行し、治療が必要になります。

虫歯の予防では、

①適切な歯磨きでプラークをつくらない
②再石灰化に必要な時間を確保する
③唾液の分泌をよくする
この3点が大変重要です。

次のような注意を守りながら、定期的に歯科医でチェックを受けましょう。

食後できるだけ早めに1日3回、1回3分間、やわらかめの歯ブラシで歯を磨くことを心がけてください。
特に奥歯は食べかすが残りやすいので、しっかり、ていねいに磨きましょう。

どうしても歯を磨けない場合はうがいをし、さらに緑茶を飲むのもよいでしょう。緑茶にふくまれるカテキンは殺菌作用を持ち、虫歯菌の増殖を予防する作用があります。

再石灰化を促進する効果のあるシュガーレスガムを噛むのも一法です。
また噛みしめや歯ぎしりのある方は、ガムよりシュガーレスの飴で代用することをお勧めします。
歯に付いた食べかすがとれたり、唾液の分泌が増すなど再石灰化にとても有効です。

だらだら食いはやめ、間食を減らすことも重要です。
約3時間が再石灰化には必要です。
その時間が飲食の回数が多いことで確保できなくなってしまいます。

砂糖をふくむお菓子や清涼飲料はできるだけ控えましょう。
砂糖は虫歯菌の大好物で、その摂取量を減らすと、虫歯になる確率も低下するといわれています。子どものおやつには特に気をつけてください。

また、就寝中は唾液の分泌が減少するので、再石灰化があまり進みません。寝る前の飲食もやめましょう。
特に乳幼児の場合、母乳や食べ物をあたえる習慣が寝る前についてしまうと、虫歯ができやすくなってしまいます。

唾液の量が減る高齢期は、特に歯根部の虫歯になりやすいため十分に注意を。

プラークコントロールというキーワードからは、歯ブラシでのブラッシングを思い起こす人の方が大部分ではないかと見込んでいますが他にも色々なプラークコントロールの活躍があるのです。
第一段階の頃は歯周病を発症させる細菌が歯の表面にくっつき、それが引き金となって歯茎が炎症を起こし赤味を帯びたり、ハブラシで歯を磨くといつも出血したりする状況が歯肉炎の病状なのです。
シーラント(虫歯予防処置)は珍しい治療ですが、保険診療扱いで取り扱われるため医療費それそのものは皆が言うほどには心配しなくても構いません。
歯科でデンタルクリーニングをしてもらうのは、歯周病の元となる菌の蔓延を防止する最適な手段であると科学的に明らかにされ、ただ漠然と心地よいだけではないということです。
仕事や病気等によって疲労が溜まって体力が著しく落ちたり、栄養バランスの不均衡な食事が長く続くことにより体調のすぐれない場面に至ると口内炎が出現しやすくなってしまうのです。


患者の要求する情報の明示と、患者の選んだ方針を重く受け止めれば、相応の任務がたとえ医者であっても強く求められるのです。
保持は、美容歯科分野での施術が済んで理想通りの結果にはなっても、忘れずにし続けないと治療前の状態に逆戻りしてしまいます。
歯の表面を削って白くする研磨剤が入った練り歯みがきはどちらかと言えばネガティブなイメージの存在ですが、歯が再び石灰化する事を促進するという事は役立つ効用となります。
眠っている間は唾液の量が格段に微量なため歯の再石灰化の機能が起こらず口中の中性のph環境をキープすることが不可能だといわれています。
病気や仕事などによって疲労が溜まって体力が著しく低下したり、栄養状態の取れていない食事が長く続くことにより健全とはいえないシチュエーションに変わったとしたら口内炎を起こしやすくなってしまうとのことです。


嫌な口のニオイが気になって、洗浄液やガムなどをよく利用しているのならば、歯垢の除去を一番に開始してみましょう。あのイヤな口内の臭いが和らいでくるはずです。
デンタルホワイトニングを受けないとしても、歯にできている裂け目を無視すると、象牙質がもろくなってしまい、冷たい外の空気や食事の際の食べ物が当たると痛みを感じることがあると言われています。
仮歯を付けてみると、容貌も違和感がなくて食事や会話にも困らなくて済みます。更に仮歯があることによって、まだ治療の終わっていない歯が被害を受けたり歯列が動いてしまったりする事がないと言えます。
専門的な話をすれば、むし歯は、むし歯菌が歯を溶けさせる進行具合に、歯を再び石灰化する働き(溶かされた歯を前の状態まで戻す動き)の進行具合が遅くなると起こってしまいます。
口角炎になるきっかけでも格段にうつりやすい環境は親子間の接触伝染でしょう。結局親の子への愛情によって、朝から晩まで近くにいると言うのが最大の原因です。

上の親知らずは下と比較して、麻酔の効き目が効果的であるため、歯を抜く時にもほとんど痛みを感じるといったことが少なく、痛みに弱い人を対象にする場合も、手術はあっけないくらいに容易に行われます。
レーザーによる歯の施術は、ムシ歯の原因となる菌をレーザーで気化させてしまい、それだけでなく歯表層の硬さを強力にし、繰り返しやすい虫歯になる可能性を低くする事が可能です。
応用できる領域が特に大きい歯科で使うレーザーは、バリエーションも豊富で、他にも多様な治療を必要とする場面に採用されています。この先さらに可能性のある分野です。
第一段階の頃は歯周病を起こす菌が歯の表面にこびり付いてしまい、それが大元で歯ぐきが炎症を起こして赤く腫れたり、ハブラシで歯磨きをすると出血したりする状況が歯肉炎の特徴なのです。
歯の持つ色は元からまっしろであることはない事が多く、各々違いはありますが、大体歯が持つ色は、イエロー寄りだったり茶色っぽく色づいています。

口の中が乾くドライマウスというのは、ストレスのせいで起こってしまうのも少なからずあるため、更にこれから先の未来には、忙しく働く男性にも症状が現れる危険性は結構あります。
昨今では歯の漂白を行う方が確かに増加していますが、そうした時に使用される薬剤が要因となって、凍みる感じのする知覚過敏という病態を誘発する事が考えられるのです。
慣れない入れ歯に対するマイナスのイメージや良くない固定概念は、自分の歯を使った感じと比べて考えるために、どんどん増幅していくのだと考察されます。
歯垢が歯の外側に付着し、それに唾液の中に含有されるカルシウムを始めとするミネラル分が付いて歯石が生まれるのですが、それらの元凶は歯垢そのものです。
大切なのは虫歯を誘引する虫歯菌や歯周病菌を乳幼児に感染させないためにも、婚姻を寸前に控えた女性陣は虫歯を治す治療は、適切に処置しておく必要があるといえます。

このごろ幅広い世代に愛用される事になった、キシリトール入りガムの作用による虫歯の予防策も、このような研究開発のお蔭で、誕生したとはっきりいえます。
口臭を防止する効き目のある飲みものに、コーヒーが知られていますが、多量に飲みすぎると口腔内が乾いてしまい、皮肉なことに口の臭いのきっかけとなります。
近頃では医療技術の開発が成長し、針の無い注射器や痛みの少ない各種レーザー治療器を用いる事により、随分痛みを抑えられる「無痛治療」という手法が存在するのです。
口腔外科というところは、その特色として、顎口腔機能の処置を焦点に置いているために、内科的治療やストレスによる障害にいたるまで、診察する項目は多岐にわたって内在するのです。
ある研究結果では、顎関節に違和感を感じるという自覚症状が感じられなくても、4割弱の人が歌を歌ったりする際に、こういった感じの気になる音が鳴ることを気にしていたようです。